ドッグフードのおすすめは固い餌?柔らかい餌?

無料で近くのトリミングサロン・病院を探す>

予約&口コミ投稿で5,000円まで無料でトリミング

ドッグフードのおすすめは固い餌?柔らかい餌?

トイプードル おすすめ 餌 固い

昨今のペットブームのおかげでドッグフードの種類も迷ってしまうほど多くの商品が販売されていますね。

 

種類が多いのは消費者にとって選択肢が広がって喜ばしい事ですが、ここまで多いと迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

そしてドッグフード選びの最初の選択肢が固い(ドライ)か柔らかい(ウェット)かという事です。

 

ドッグフードのドライタイプとウェットタイプのメリット、デメリットをまとめてみました。

 

ドライタイプ ドッグフードの特徴

一般的な粒状のタイプの固いドッグフードです。カリカリともいったりしますよね。

 

メリットは犬にとって栄養素が豊富なため健康に良いです。飼い主にとっては品質も落ちる事なく保存期間も長く管理がしやすいです。また価格も高くないので経済的負担も少ないです。
デメリットは、ウェットタイプばかり食べているワンちゃんは、ドライフードを食べない事があります。

 

 

ウェットタイプ

缶詰やレトルトタイプのドッグフードです。メリットは缶や封を開けた瞬間から匂いが漂いワンちゃんの食いつきが良いです。

 

うちも誕生日にあげてみたら、ふるえながら(あまりにおいしい感じ)食べてました(笑)

 

ワンちゃんによってはウェットタイプしか食べない癖が付いてしまう事もあります。栄養面ではドライフードと同様ですが、歯垢が溜まり易く歯周病のリスクが高くなるという可能性があります。またドライフードに比べたら単価も高いです。

 

 

セミモイストタイプ

ドライタイプとウェットタイプの中間に位置するフードです。ドライフードと同じく粒状なのですがふっくら柔らかに仕上がっています。価格もドライタイプと同じでワンちゃんの食いつきも良いため人気のタイプです。

 

まとめ

それぞれのタイプにメリット、デメリットがありますがおすすめしたいのは、やはりドライタイプのドッグフードです。
確かにウェットタイプ、セミモイストタイプはワンちゃんの食いつきが良いですが、歯に悪いと言われています。

 

現在歯周病にかかるワンちゃんが非常に増えています

 

ワンちゃんにとって歯周病はただ歯の病気というだけでなく命に係わる事もある重大な病気なのです。愛犬の健康を考えたら、たまにオヤツやご褒美で与える程度にして主食はドライフードがベストではないでしょうか。

 

当サイトでもおすすめのドッグフードを紹介しているので参考にしてみてくださいね。


page top